「朝ドラ」次の作品は? すでに3作決定!キャストやあらすじを紹介

エンタメ
スポンサーリンク

皆さま、こんにちは(こんばんは)。
まんじろうです。

朝ドラ「ブギウギ」も、残す放送はあとわずかになりました。
朝ドラファンは次の作品が気になるところ。
いったい何でしょうか?
すでに3作が決まっているんですね。
本日はそれらのキャストやあらすじをご紹介です。

スポンサーリンク

「朝ドラ」次の作品は? キャストやあらすじを紹介

次に放送予定の朝ドラ作品は以下の3本。
第110作『虎に翼』(2024年度前期)
第111作『おむすび』(2024年度後期)
第112作『あんぱん』(2025年度前期)

第110作『虎に翼』(2024年度前期)
主演は伊藤沙莉さん

【あらすじ】

昭和の初め、日本で初めて女性専門に法律を教える学校ができます。
この学校で学んだ猪爪寅子(いのつめともこ)は、昭和13年に日本初の女性弁護士となります。しかし日本は戦争に突入。法学を生かす場は限られていく。
やがて終戦を迎え、寅子は裁判官になることを決意。日本初の女性裁判官となるのです……。

作: 吉田恵里香
キャスト: 伊藤沙莉、石田ゆり子、仲野太賀、森田望智、岩田剛典、松山ケンイチ、小林薫

スポンサーリンク

第111作『おむすび』(2024年度後期)
主演は橋本環奈さん

【あらすじ】

昭和から平成に元号が変わった最初の日に生まれた米田結(よねだ ゆい)。
福岡県の糸島で育ち、幼い頃から「おむすび」というあだ名で呼ばれていました。
高校卒業後に神戸へ。
そして大阪へ移り住んだ彼女は、人のために役立ちたいと栄養士を目指します。
自分らしさを大切に「ギャル魂」を持ち続けながら、食で未来を変えていこうと奮闘していくのです。

作: 根本ノンジ
キャスト: 橋本環奈、仲里依紗、北村有起哉、麻生久美子、宮崎美子、松平健

 

第112作『あんぱん』(2025年度前期)
主演は今田美桜さん

【あらすじ】

土佐出身で勝ち気なため「ハチキンおのぶ」と呼ばれた小松暢さん。
アンパンマンの作者であるやなせたかしさんの妻となった女性です。彼女は、ドキンちゃんのモデルとも言われています。
戦前・戦中・戦後という激動の時代を生き抜き、70歳にしてアンパンマンを生み出した、やなせたかしとハチキンおのぶの人生を描きます。

作: 中園ミホ
キャスト: 今田美桜

以上、3作品が決まっていますね。
どの作品も興味深いですし、楽しみですね。
個人的には、「あんぱん」が最も興味あります。筆者は高知出身なので。

まとめ

今回は朝ドラの次の作品についてまとめてみました。

スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
まんじろうをフォローする
ニュースこんにちは・トピックス

コメント

タイトルとURLをコピーしました