沢田研二がファンの声援にブチ切れたってホント?2024ライブ

芸能
スポンサーリンク

皆さま、こんにちは
まんじろうです。
本日は沢田研二さんのお話。

沢田さんは、ライブツアー「沢田研二 LIVE 2024『申辰 静かなる岩』」(4月3日~11月7日)を開催中です。
御年75歳ですが、躍動感溢れるパフォーマンスを披露し、観客を魅了しています。
そんな中、今年のLIVEでファンの声援にブチ切れたそうです。
いったい何があったのでしょうか?

スポンサーリンク

沢田研二さんがライブで客の声援にブチ切れた?なぜ?

出典:音楽ナタリー

現在行われているLIVE2024 。
最近の6月1日岡山公演でも、MCを挟むことなく12曲ぶっ通しで演奏し、
ファンは大喜びだったようですね。
体調が芳しくないという話も聞こえるなか、伸びやかな歌声は健在。
ステージ上を動き回り走り回り、驚くほど元気でパワフルで、トークもキレキレだったとファンは語っています。

LIVE2024は4月~11月まで。
多いときは月に5回のステージですから、凄いパワフルなスケジュールとなっています。

筆者もかつて大阪で公演があった時、たまたまチケットが手に入ったので友人たちと観に行ったことがあります。
席が後ろのほうだったので、素顔ははっきりとは見えませんでしたが、
それでも、歌唱力も素晴らしく、感動したのを覚えています。

最近は映画でも、評価が高いですしね。
筆者もファンの1人なのです。

ところが、今年のライブでは、スタッフを冷や冷やさせる事態が起きていたと言います。

一体なんでしょう?

スポンサーリンク

沢田研二さん、5/20大阪・フェスティバルホールの公演で切れる!

5月20日、大阪・フェスティバルホールで行われた公演。
ある男性ファンが、ステージ上のジュリーに向かって投げかけた言葉。

体、大丈夫ー?

見てわからんか!

それで終わったかのように見えましたが、
終演後にも、「なんなんだ!」とブチ切れていたと言います。
よほどその一言が気に入らなかったのでしょうか。

実際に後日のライブでも、その時のことを振り返り、「あれは嫌だった」と、ファンに明かしたほどです。

これって、男性ファンはジュリーの体調を気遣い、単に心配して言ったのでしょう。
でも、本人にとっては“NGワード”だったということ。
大丈夫なことくらい見ればわかるだろう、いちいち聞くな、ってことでしょうか。

ジュリーの「衰え」を心配する声も確かにある…

近年のライブではジュリーの「衰え」を心配する声が上がっていたのも、確かなようです。

ライブで歌詞を間違えたり、MCで噛んだり。
歌唱直後には肩を上下させて息をするなど、健康不安を感じさせる、と芸能関係者もメディアで語っています。

75歳ですから、肉体的な衰えもあるでしょう。

それでも、今年4月からのライブツアーでは、溌剌とした姿を見せ、体調不安説を払拭。
だからファンの一言にカチンときたのかもしれません。

ものすごく頑張っている人に、「頑張れ~」と声援を送るのはヤボな話。
「言わんでも頑張ってるやろ」と逆に突っ込まれちゃいますからね。

沢田さんは「あと5年は歌い続けたい」と語っていて、
80歳の大台までステージに立つつもりでいるようです。

ファンとしては、いつまでも元気で歌って欲しいと思います。
まあ、今回の一件で“NGワード”が判明しましたね。

まとめ

今回は沢田研二さんがファンの声援にブチ切れた、という情報を拾ってみました。
年齢を重ねても、素敵な75歳。いつまでも素晴らしいステージを見せて欲しいですね。

関連記事↓沢田研二さんの映画情報です。こちらもお読みください。

主演男優賞の沢田研二、元PYGメンバーはなぜ俳優に転向したのか?
沢田研二さんが「土を喰らう十二ヵ月」で毎日映画コンクール男優主演賞を受賞。この映画では等身大のジュリーが観ることができます。それにしても、萩原健一さん、岸部一徳さんと、元PYGメンバーがそろって数々の賞を受賞。いったい、その演技力はどこから?俳優に転向したのはいつから?徹底分析!
スポンサーリンク
芸能
まんじろうをフォローする
ニュースこんにちは・何でも書くで!

コメント

タイトルとURLをコピーしました